event

【MY PLAZA JOY】This is the moment 〜 クラシック歌手による華麗なミュージカル・ナイト

■ 演奏予定曲 ■
踊り明かそう(「マイ フェア レディ」より)
メモリー(「キャッツ」より)
ピエ・イエス(「レクイエム」より)
時が来た(「ジキルとハイド」より)
着飾ってきらびやかに(「キャンディード」より)
Somewhere(「ウエストサイド物語」より) 他

■出演者
(左上から)

◆佐橋 美起(ソプラノ)
武蔵野音大卒業、同大学院修了。第55回日本音楽コンクール第1位。NHK ニューイヤーコンサート、題名のない音楽会に出演。オペラでは、グレーテル、夜の女王、ジルダ、二期会オペラ「ポッペアの戴冠」アモール、デスピーナ、オスカル、リュー、ムゼッタなど多数。海外では、チロル州立歌劇場で「リゴレット」のジルダでデビューを飾り、英国ENOとも契約、夜の女王、パパゲーナ、グレーテルで出演。2000年&2008年カーネギーホールのコンサートにも出演。ロンドン、エジンバラで「ウエストサイドストーリー」のマリア、「王様と私」のタプティムで出演。ブカレスト国立オペラで「夕鶴」のつうで出演、大成功を収めた。今年「大人ミキティ&子供ミキティ」リサイタルでも好評を博す。二期会会員。東京室内歌劇場会員。武蔵野音大声楽コース教授。

◆藤原 映子(ソプラノ)
桐朋学園大学声楽科卒業。同研究科2年修了。二期会オペラスタジオ38期マスタークラス修了。多摩フレッシュ音楽コンクール、21世紀日本歌曲コンクール入選。演奏活動のほか、劇団四季《オペラ座の怪人》、ブロードウェイ・ミュージカル《CANDIDE》(宮本亜門演出)に出演。ダイソーCDの録音に参加、収録曲は100曲を越える。老人ホームや病院などでのコンサートも多く、コーラスアレンジも担当。故長野羊奈子、古沢浩子、故滝沢三恵子、故畑中更予、藤井多恵子の各氏に師事。現在、二期会会員、二期会英語の歌研究会会員。

◆小針 絢子(ソプラノ)
国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、および大学院修了。日本アンサンブルコンクール優秀演奏者賞受賞、長久手声楽コンクール入選、ジュリアード音楽院オーディションファイナリスト。 二期会会員。二期会英語の歌研究会会員。大阪芸術大学非常勤講師。「魔笛」「椿姫」「蝶々夫人」「泥棒とオールドミス」「カルメン」「助けて!グロボリンクスがやってくる」等に出演。 著書「必ず役立つ合唱の本」「必ず役立つ合唱の本 レベルアップ編」ヤマハミュージックメディアより出版。

◆西野 伸子(ソプラノ)
桐朋学園大学音楽学部を経てChicago College of Performing Artsにて修士課程を修了。現地にてリサイタル(1999年、2000年)を開催するほか、Grant Park Music Festivalの合唱団、聖歌隊でソリストと努め、「魔笛」「ミカド」等のオペラ公演に参加。帰国後、さらに研鑽を積み、演奏活動と後進の指導に当たり、アメリカ人作曲家の英語によるオペラの対訳にも携わっている。二期会会員。二期会英語の歌研究会会員。

◆北村 哲朗(バリトン)
東京藝術大学声楽科、同大学院独唱科首席卒業。1989年、ドレスデン国立音楽大学へ留学。卒業と同時にゲルリッツ歌劇場と専属契約、「カルメン」エスカミーリョ役でデビュー。1993年ドイツ国家演奏家資格最優秀取得。国立マリボーロ歌劇場において「椿姫」のジェルモン役で出演。現在、国内外でリサイタルおよびオペラ、宗教曲のソロ活動、毎年、ドレスデン各地にてドイツ歌曲の夕べを行う。二期会会員、都留文科大学非常勤講師。

◆田中 知子(ピアノ・企画)
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。その後も海外夏期セミナーなどで研鑽を積む。2008年Hakuju Hall、2012、15、17年王子ホールにてソロリサイタル。昨年川口市民オーケストラとモーツァルトピアノ協奏曲を共演。また『語り付き 冬の旅』、東京室内歌劇場コンサート『クラシック歌手によるシャンソンショウ~シャンソン・フランセーズ』(来る10月24日伝承ホールにて公演予定)など様々なコンサートの企画制作を手がける。東急セミナーBE“Joy of the musical”ピアニスト。日墺文化協会、東京室内歌劇場会員。

INFORMATION

会場
明治生命館 1F ラウンジ
※入場無料
開催日時
2018/8/18(土) 17:00~17:50